schoolTakt BLOG

図形ツールがより使いやすくなりました

いつも弊社サービスをご利用いただきありがとうございます。

この度、ご利用のお客様からのご指摘、ご要望を受け、図形ツールの機能をいくつかアップデートいたしました。

回転時にサイズの変更が行われなくなりました

これまでは、図形などを回転だけさせようと思ったら、折角決めた大きさまで変わってしまった!ということがあったかと思います。

今回のアップデートでは、四隅のではサイズの変更はなし、回転のみをする、というように変更が加えられました。

回転時に1度刻みで動くようになりました

これまでは、図形などの回転は0.1度刻みで行われていました。そのため、0.1度毎に実際の図形が移動するけれども表示は1度刻みなので同じ角度の線が引けないということがありました。

先週、表示も0.1度刻みに変更をしましたが、1度刻みで動いたほうが使いやすいというご指摘を受け、この度1度刻みで動くように変更を加えました。
(三角形などの角度は0.1度刻みのままとなっております。)

また、Shiftキーを押しながら回転させると、5度ずつ線や図形を動かすことができるようになりました。これにより、垂直線や水平線がより引きやすくなっています。

図形のサイズ変更時に、縦横比や縦幅、横幅を固定したまま大きさの変更が可能になりました

これまでは自由自在に拡大縮小が行えましたが、この度拡大縮小時に最初に設定した比率や縦横の大きさを固定したまま、大きさを変えることができるようになりました。固定力はあまり強くないので、これまで通り自由に大きさを変えることもできます。

この変更により、高さはこのままで長くだけしたい、といった変更が簡単に行えるようになります。

Shiftキーを押しながらだと、更に固定される力が強くなり、縦横の比率は同じままに拡大などができるようになっています。

以上が今回の変更点になります。ぜひ日々の課題作成にご活用ください!

今後もお客様のご要望やご意見を真摯に受け止め、サービスを改善してまいりますので、何かお気づきの事やご要望などございましたらお気軽にお問い合わせくださいませ。