先生同士の学び合いにとっても便利な「全授業」活用方法のご紹介! 2021.06.30 使い方・TIPS

スクールタクトに先生アカウントでログインすると上部緑色のバーに表示されている「全授業」をご覧になったことはありますか?
本日は先生同士の学び合いにとても便利な「全授業」の活用パターンが実践事例ページに掲載されたのでお知らせします。

BANSHOT:「全授業」の活用パターン

 

「全授業」には文字通り、校内で作成されたすべての授業が表示されており、それらを閲覧したり、授業に参加することも可能です!

【関連ヘルプページ】

 

今回ご紹介する実践事例 ”「全授業」の活用パターン” では特に「複数の先生アカウントで授業を実施する」場合を4つご紹介しています!

「全授業」の4つの活用パターン

  1. T.Tとして他の先生の授業に参加をし、丸つけなどを行う
  2. 作成した課題を先生同士で閲覧し合う
  3. 閲覧した課題にコメントなどをする
  4. 共通の授業枠(課題)を複数人で共同編集して作成する

※ 各パターンの詳細はスクールタクト実践事例集(BANSHOT)の「全授業」の活用パターン” をご覧ください。

 

スクールタクトブログでは、そのほかに「全授業」を活用した校内研修のレポートもご用意しています。

 

皆様の校内研修や、先生同士の学び合いに「全授業」を活用いただければ幸いです。

スクールタクトを
試してみませんか?

スクールタクトは2ヶ月間無料でお試し可能です。
サービスについてのご不明点はお気軽にお問い合わせください。