第一学院高等学校 1〜3年生
チャレンジレッスン

生徒数
400~600名
指導者
外部委託講師
教 科
総合
単元名
チャレンジレッスン
ねらい
業界の最先端を行く方々に「職業」をテーマに授業を行ってもらい、その職業についてのご自身の経験と生徒たちが体験をすることで、職業に関しての興味関心・進路の選択肢を広げていく。

授業の要約

水墨画をテーマに筆で描くタッチと、ただ墨・筆・半紙に描くということではなく、水墨画の手法を利用してボディペイントや文字のデザインをし、作品を作り上げる行程を体験する。

  • ※授業形式が全国36キャンパスに向けての配信授業のため、児童数は400〜600名となっています
  • ※各キャンパスにもファシリテーター1~3名を配置しています

スクールタクト導入効果

  • 講師が投げかけた課題に対して生徒がリアルタイムで作品をUPしたり質問を投げたりすることが出来るので、本授業では特に「プロの声」が生徒に直接届くことがメリット。
  • 全国の生徒の回答を生徒同士で見に行くことが出来るので、他者を参考にして自分の作品をブラッシュアップしたりする生徒が見受けられた。
  • 配信授業の中でもこの授業は特にテレビ番組のようなイメージで構成していますので、〇×や4択をアイスブレイクで行うと、生徒の手も動き、講師もリアルタイムに生徒がどう思っているのかを把握できるため、助かっています。

授業構成


FIXME

講師がデモンストレーションで画を描くにあたって生徒に4つの選択肢から描いてもらいたいものを選んでもらい、得票数の多かったものを即興で描く。

ここで役立つ機能は〇×/4択

"ココ"がポイント!

  • アイスブレイク/即時集計→自分が選んだ回答が選ばれることの特別感・視聴者参加型の演出


FIXME

「文字をデザインする」というテーマで、自分で選んだ文字に動物やものをデザインし、Adobe Photoshop skechで水墨画のタッチを使い、濃淡を意識して作品をつくり、schoolTaktにUP。講師からのフィードバックと、生徒同士で作品を見あうことで、他者を意識・参考にしていく。

ここで役立つ機能は回答画面一覧?/SHOWモード

"ココ"がポイント!

  • 生徒同士が互いの回答を見ることで、「こんな発想もありなんだ!」とヒントにして新たな発想を生むことが出来る。