schoolTakt BLOG - 使い方・TIPS

紙ではできない「動く教材」を活用し協働学習


紙ではできない「動く教材」を使い、主体的に課題を取り組んでもらい授業を飽きさせない。さらに授業を協働学習モードへ変更することで、生徒同士の課題を閲覧しあうことができ、思考する時間を増やし深い学びに繋げる。...

5000点以上のコンテンツを利用し配布資料の作成時間を削減


スクールタクトにはドリル形式の教材から動く教材まで、5,000以上の教材が登録してあります。登録されている教材を加工や編集することができます。オリジナルの教材の作成・保存及び、学校内での共有も可能なため、一度作った教材の再利用が可能。資料作成等の準備の時間が削減されます。...

生徒一人ひとりの活動実績、成長が記録に残る


ポートフォリオに残すことで、テストの点数だけではわからない本人の成長プロセスや非認知能力を可視化でき、振り返りによる学びの効果が向上することができます。また、どこで間違えたのか確認ができ復習も可能。さらに、自分の次のステップについて新たな決意や新たな意欲を持つことができます。...

生徒同士で異なる考えや価値観を共有、授業の活性化へ繋げる


お互いの作品のコメントやいいね!を残すことで、生徒同士で異なる考えや価値観を共有することができ、また、意見や情報を他者と共有し、互いの多様な考え方の共通点や相違点を理解し、授業の活性化に繋がる授業が行えます。...

ゴミ箱機能で選択削除するには?

schoolTaktには、2つのゴミ箱機能がありますが、

「削除」「全部削除」の2つだけと思っていませんか?

実は、「削...

新聞の作り方

課題テンプレート集に入っている「新聞テンプレート」を使うと、左図のように新聞が作成できます。

昨年...

新聞を作ろう!

 

 

新聞テンプレートを使うと、こんな新聞を作ることが出来ます。実際にスクールタクトの新聞テンプレートを使って作られた新聞は神戸新聞のウェブサイト上に掲載されております。...

生徒が課題を事前に閲覧できないようにする

制作した課題を生徒へ配布しないようにしておくと、課題を生徒が事前に閲覧できないようになります。...