お知らせ

【イベントレポート】ユーザーと一緒にschoolTaktを創るオンラインワークショップを開催しました!

株式会社コードタクトは、2020年9月5日(土)に「一緒に創ろう!schoolTaktの新機能」と題し、現在開発中のschoolTakt新機能のご紹介と、schoolTaktユーザーのご要望を具体化するオンラインワークショップを行いました!

ワークショップでは、ワールドカフェの手法をとりいれ、「先生が生徒の探求心に火をつける回答画面にアップデートせよ」というテーマのもと、「先生が、生徒を探求させる課題が作れる」・「生徒が、探求したくなる機能」について、自由な意見交換を行い、たくさんのご意見をいただくことができました。当日の様子をご紹介します。
※ワールドカフェ:少人数のグループで対話を行い、一定時間後にグループをシャッフルし対話を行うことで、参加者全員の意見を深めていく手法

新機能の概要や現在のschoolTaktのコンセプトについて説明

イベントの冒頭、当社代表の後藤よりschoolTakt(スクールタクト)のコンセプトや、事前に説明動画を配布したschoolTaktの新しいキャンバス画面についての概要を説明しました。

実際の様子の概要(コンセプトや今ある機能の紹介)は動画でもご確認いただけます。

ワールドカフェ

以下のステップでZoomのブレイクアウトルームを利用したワールドカフェを行いました。当社メンバーも混ざり、「先生が生徒の探求心に火をつける回答画面にアップデートせよ」をテーマに、自由な対話の中で、意見をまとめていきます。
 グループワーク1: 欲しい機能や、新しいキャンバス画面についての要望を考える
 グループワーク2: グループを変えて、意見交換を行う
 グループワーク3: 1のグループに戻って、要望をまとめる

その後、各チームからの発表を行いました。日本語のフォントの種類を増やしてほしい、キャンバスのサイズが変更できると良い、ゲーム感覚で課題に取り組める機能が欲しいなどを始め、様々なご要望をいただきました! いただいたご要望については、すぐに対応することが難しいものもございますが、開発チームをはじめ全社で共有し、今後のサービス改善に活かしていきます。
各チームのキャンバスは以下の通りです。

schoolTakt便利機能紹介

実は、今回出たご要望の中には、既にschoolTaktで利用可能な機能や、イベント開催日当時リリース間近な機能も複数ありましたので、少しご紹介します。
 CO2の2や、乗数などを小さい字で表示したい!
  →数式をきれいに入力できるTex入力ツール

 授業に参加している生徒全員にコメントを送りたい!
  →授業チャット機能を9/7にリリースしました!

 児童生徒タブの並び順を変更したい!
  →回答一覧画面の並び替えを行うと、キャンバス上の児童生徒タブも連動して並べ替えられます!

 方眼紙や原稿用紙が欲しい!
  →課題テンプレートにご用意がございます。キーワード検索よりそれぞれ検索可能です。

その他、schoolTaktの便利な使い方が知りたい、動画で説明してほしい、といったご意見もいただきました。schoolTaktの便利な機能や使い方についてのご案内も準備中ですので、お楽しみにお待ちください。

駆け足でお送りした1時間半でしたが、参加された皆様よりschoolTaktを学校現場で利用している生の声をうかがい知ることができる貴重なお時間をいただきました。

schoolTaktのオンラインコミュニティ「schoolTakt研究会」でも、リリースしたばかりの機能へコメントいただいていますので、まだご参加いただいていない方は、ぜひこちらより、ご参加申請ください。学びを革新していく際にぶつかる学校現場での課題感や悩みなどの共有や、schoolTaktを活用した事例なども受け付けております。