お知らせ

【イベント】今後のイベント情報について(2019年夏・秋)

2019年夏から秋にかけて実施予定のイベント情報です。

日時 場所 概要
7/13(土) 東京・品川 東京学芸大学附属小金井小学校 ICT × インクルーシブ教育 セミナー VOL.2
インクルーシブ教育の最先端の事例が一同に会する代表的なイベントに、スクールタクトも参加します。
詳細・お申し込みはこちら
7/24(水) オンライン スクールタクトオンラインセミナー
スクールタクトの基本的な操作方法を、当社エバンジェリストがオンラインで直接レクチャーします。
詳細・お申し込みはこちら
7/26(金) 東京・両国 私立公立高等学校IT活用セミナー
私立公立高校各校の現場教員が、ICTの活用事例を紹介するイベントに、スクールタクトも参加します。
詳細・お申し込みはこちら
8/21(水) オンライン スクールタクトオンラインセミナー
スクールタクトの基本的な操作方法を、当社エバンジェリストがオンラインで直接レクチャーします。
詳細・お申し込みはこちら
9/11(水) オンライン スクールタクトオンラインセミナー
スクールタクトの基本的な操作方法を、当社エバンジェリストがオンラインで直接レクチャーします。
詳細・お申し込みはこちら
9/25(水) オンライン スクールタクトオンラインセミナー
スクールタクトの基本的な操作方法を、当社エバンジェリストがオンラインで直接レクチャーします。
詳細・お申し込みはこちら

【ニュースリリース】『schoolTakt(スクールタクト)』ICT教育推進の専門家・松田孝氏をアドバイザーに招聘 〜教育現場でリアルに使える機能開発・活用方法発信の強化〜

報道関係者各位

2019年6月18日
株式会社コードタクト

株式会社コードタクト(代表取締役・後藤正樹、以下コードタクト)の提供する授業支援システム「schoolTakt(スクールタクト)」は、ユーザーである教師の方々により使いやすい機能開発および実践的な活用方法の発信を行うため、小学校プログラミング教育の第一人者として知られICT教育導入を推進されてきた小金井市立前原小学校・前校長で、現在合同会社MAZDA Incredible Lab代表の松田孝氏をアドバイザーとして招聘したことをご報告いたします。


松田孝氏は長年教育現場で実際に教壇に立たれ、ICT教育の推進活動をされてきました。このたび、アドバイザーとして招聘することで松田氏の有する教育現場でのリアルな経験や知見を通して、schoolTaktの機能・利用向上を強化させることで、schoolTaktが目指す「先生が教えやすく、生徒が楽しく学べる」環境づくりを加速させていきます。
さらに、松田氏が有する教育学における研究や知見をもとに、これからの社会で教育者や学習者にとってどのような力が求められるのか、またどういった教育環境が必要なのかといった、教育全般について専門的な情報発信も行っていく予定です。

■松田孝氏のコメント

21世紀を拓く力は、子どもたち一人一人の個性的な学びを磨くことで育まれます。そのためには一人一人の個別の学びを保障し、そこでの気付きを共有して、それ等をジョイントさせることで協働が生まれます。個性は多様性を尊重しながらもそこで揉まれることで磨かれます。この学習こそがアクティブラーニングであり、これを実現できる学習支援システムがschoolTaktです。正直に言えば、私はschoolTaktを活用して授業実践してきて、このような考えを編み出すことができたのだと思っています。schoolTaktを学習のど真ん中において、全国の学校で真に子どもたちが21世紀を拓くための個性的な学びを磨く授業を実現できるよう、コードタクトと一緒に尽力していきたいと考えています。

<松田孝氏プロフィール>

東京学芸大学卒、上越教育大学大学院修士課程修了、東京都公立小学校教諭、東京都狛江市教育委員会主任指導主事(指導室長)をはじめ、東京都公立学校小学校校長を3校歴任。4月より合同会社MAZDA Incredible Labを立ち上げ、代表に就任。総務省地域情報化アドバイザー、金沢市プログラミング教育ディレクター、小金井市教育CIO補佐官も務める。また18年4月より、早稲田大学大学院教育学研究科博士後期課程にも在籍。情報端末の導入によるICT教育やプログラミング教育を先駆けて実践し、全国的な注目を集める。著書に「小学校の『プログラミング授業』実況中継」(共著、技術評論社)「プログラミングを学ぶ前に読むアルゴリズムえほん」(監修、フレーベル館)など。2017年BSフジテレビ『beプログラミング2 ~2020年大予測!小学校の授業はこうなる!?~』出演

■第10回 教育ITソリューションEXPO schoolTaktブースへの松田氏講演

第10回 教育ITソリューションEXPOへ、schoolTaktが初めてブースを出展いたします。ブースでは実際にschoolTaktを体験でき、また様々な機能をご紹介するプレゼンテーションを行います。アドバイザーの松田氏もご登壇いただく予定です。

<松田孝氏登壇スケジュール>

・6月19日(水)13:00-13:30、16:00-16:30
・6月21日(金)12:00-12:30、16:00-16:30
※登壇スケジュールは変更になる可能性がございます。予めご了承ください。
※ブース内のスペースには限りがございます。

<概要>

・イベント名:第10回 教育ITソリューションEXPO
・開催日時:2019年6月19日(水)〜21日(金)
10:00~18:00(最終日のみ17:00終了)
・場所:青海展示棟(東京都江東区青海1-2-33ほか)
・アクセス :りんかい線 東京テレポート駅(下車徒歩約2分)/ゆりかもめ 青海駅(下車徒歩約4分)
・料金:招待券の事前発行が必要(無料)※招待券をお持ちでない場合、入場料5,000円/人が必要です。
・ブース番号:B9-30

◆授業支援システム schoolTakt(スクールタクト)について

schoolTaktは、iPad、タブレット、ノートPCなど、機種・OSを問わずに利用できる授業支援システムです。生徒の学習状況をリアルタイムに把握し、生徒同士の解答を共有することで、「みんなで学び合う」学習環境をカンタンに構築できるため、協働学習の実践や、アクティブラーニングの導入に最適です。
また、クラウド上に用意されている5,000以上の教材を使えるほか、お手持ちのPDF の教材・写真をアップロードすることで、視覚支援教材やドリルなども作成できます。そのため、これまでの先生の授業スタイルを変えることなく、スムーズにICT授業を開始できます。
Webブラウザがあれば利用できるので、ソフトウェアのインストールやメンテナンスの手間がなく、生徒全員で同機種を揃える必要もありません。
schoolTaktは、「先生が教えやすく、生徒が楽しく学べる」環境づくりをお手伝いします。
・2016年、第13回日本e-Learning大賞 EdTech特別部門賞受賞。2017年、第29回「中小企業優秀新技術・新製品賞」ソフトウェア部門奨励賞受賞。
・総務省先導的教育システム実証事業に採択。累計30,000人以上のユーザーが利用。

◆株式会社コードタクトについて

社名 :株式会社コードタクト 
所在地 :〒151-0044 東京都渋谷区円山町28−4 大場ビルA館2階b室
代表者 :代表取締役 後藤正樹
設立  :2015年1月
事業 :IT、教育、音楽に関わるソフトウェア開発、イベント企画
URL :http://codetakt.com/

【イベント】第10回 教育ITソリューションEXPO(EDIX)セミナー情報

2019年6月19日(水)〜21日(金)に開催されます第10回 教育ITソリューションEXPO(EDIX)にてブースを出展いたします。ブースで実施するschoolTaktを実際に体験しながら各機能をご紹介するセミナーのタイムテーブルが決定しましたのでご案内いたします。また、小学校プログラミング教育の第一人者として知られICT教育導入を推進されていらっしゃった小金井市立前原小学校・前校長で、現在合同会社MAZDA Incredible Lab代表の松田孝氏によるセミナーも予定しております。様々な体験ができますので、ぜひ皆さま、お越しくださいませ。
※セミナー内容は変更になる可能性がございます。

セミナー内容

①いつでも意見が共有できる!リアルタイム一覧
②生徒のコミュニケーションを可視化!発言マップ
③授業のキーワードがすぐにわかる!ワードクラウド

このような先生方におすすめ

■schoolTakt活用方法を知りたい!
■主体的・対話的・深い学びをスクールタクトを使って体験したい!
■アナログとデジタルとを併用して効率的、効果的に授業を体験したい!

イベントに参加すると

■授業支援システムについて知ることができる。
■教育の専門家から最新の情報をレクチャーしてもらえる。
■schoolTaktの活用方法を詳しく学べる。

イベント詳細 

日程 2019年6月19日(水)〜21(金)
時間 10:00~18:00(最終日のみ17:00終了)
場所 青海展示棟
住所 東京都江東区青海1-2-33ほか
アクセス りんかい線 東京テレポート駅(下車徒歩約2分)/ゆりかもめ 青海駅(下車徒歩約4分)
料金 招待券の事前発行が必要(無料)
※招待券をお持ちでない場合、入場料5,000円/人が必要です。
対象 学校・教育関係者
ブース番号 B9-30
公式サイト https://www.edix-expo.jp/ja-jp.html

【6/11(火)リリース!】授業画面リニューアルのお知らせ

平素より schoolTakt / ClassiNOTE をご利用いただきありがとうございます。
来週 6 月 11 日(火)に授業作成〜課題作成画面までの画面デザイン、授業・課題作成方法をリニューアルいたします!

大きく変わる点としては、主に以下の点です。

    1. 授業トップ画面、授業詳細画面のデザイン変更
    2. 授業枠を通年使用に
    3. 複数先生の授業参加が可能に
    4. 授業作成方法、課題作成方法を動画でご紹介

 
1. 授業トップ画面、授業詳細画面のデザインが変わります!
ログイン直後に表示される授業トップ画面、授業をクリックすると表示される授業詳細画面のデザインが新しくなります。

授業トップ画面では、授業の年度ごとの絞り込み科目ごとの絞り込みができるようになります。
また、先生アカウントでは自分が作成した「担当授業」以外に「全授業」「受講授業」というタブが追加されます。

「担当授業」:自分が作成した授業が一覧で並びます。
「全授業」:他の先生の授業を見ることができ、ここから複数先生で管理する授業に参加することができます。
「受講授業」:自分が生徒として授業に参加することができ、その授業一覧がここに表示されます。
 


授業詳細画面では、これまで縦に並んでいた課題や教材、受講生といった情報が「単元」「教材」「受講生」「学習ログ」のタブに分かれて表示されます。

「単元」:課題・ルーブリックが追加できます。(※ 単元ごとに課題を整理する機能を追って開発予定です。)
「教材」:これまでの「この授業で使う資料」と同じ機能で、その授業で使う資料をアップロードできます。
「受講生」:その授業に参加する児童生徒を確認でき、アカウント情報の変更、ポートフォリオの閲覧が可能です。
「学習ログ」:授業全体の発言マップの閲覧、また、児童生徒の授業内の課題提出状況をCSVダウンロードすることができます。

 

2. 授業枠を通年使用に!
毎回授業日時の設定や児童生徒の追加をする必要がなくなります。

これまでは、毎授業時間ごとに授業を作成し、児童生徒を追加していたため、毎回授業作成のステップが多いというお声をいただいていました。

今回リニューアルされる新しい授業作成画面では、1年を通して一つの授業枠を使える用に作られています。
例えば、「1年1組理科」という授業を作ったら、1年1組の児童生徒は自動的にその授業に追加されています。その後は、その授業で使う課題をその授業内に作成していけばいいので、毎回の授業での授業準備は課題作成のみとなります。
将来的には授業内の課題を単元ごとに整理しできるようになります。
※ 単元毎に課題を整理する機能は2学期頃のリリースを予定しています。

 

3. 複数先生の授業参加が可能に!
チームティーチングや、他の先生の授業に先生として参加することが可能になります。
これまで、複数の先生で一つの授業を管理したくても、その先生を生徒として授業に追加するか、別途アシスタントアカウントを作成して授業に参加してもらう必要がありました。
今回のリニューアルにより、先生は同じ学校の先生の全授業を見ること、また、新規課題作成や児童生徒の回答閲覧・添削などの先生権限を持ったまま他の先生作成の授業に参加することができるようになります。

 

4. 授業作成方法、課題作成方法を動画でご紹介
新しい授業、及び課題作成方法の流れは、以下の動画からご確認ください。

新授業トップ画面と授業作成の流れ

新授業詳細画面と課題作成の流れ

追って新しい先生用マニュアルなどの情報も公開していきますが、ご不明な点がございましたら schooltakt@codetakt.com までお気軽にご連絡下さい。
どうぞよろしくお願いいたします。

【イベントレポート】第1回schoolTaktファンミーティング開催レポート〜schoolTakt×ABD読書会ワークショップや、事例発表でschoolTaktを体感〜

株式会社コードタクトは、2019年5月25日(土)大手町プレイスウエストタワーにて、第1回schoolTaktファンミーティングを開催いたしました。
実際にschoolTaktを使用している学校による事例発表を行いschoolTakt活用方法のご紹介や、ABD読書会によるワークショップを通して未来の教育や授業について知見を深めていただきました。当日の様子をレポートにしましたのでお伝えいたします。


■ABD読書会という新たな読書方法と、schoolTaktを使った知見を深める


schoolTaktを使ったABD読書会を開催しました。ABD読書会とは、1冊の本を分担して読んで『まとめる』『発表・共有化する』『気づきを深める対話をする』というプロセスを通して、著者の伝えようとすることを深く理解でき、能動的な気づきや学びが得られる読書法です。当日は、東北学院大学文学部教授の稲垣忠先生も登壇され、稲垣先生の最新刊『教育の方法と技術:主体的・対話的で深い学びをつくるインストラクショナルデザイン』を読むことで、参加者より出た意見を踏まえて深い学びを作るにはどうしたら良いのか解説いただきました。

■事例紹介:朝の会でのschoolTaktを使った新しいコミュニケーションのカタチ


東京都小金井市立前原小学校の蓑手章吾教諭の朝の会でschoolTaktを使った事例を発表していただきました。前原小学校では、毎朝、「朝ノート」というものを、児童達がschoolTakt上で書き、コメントなどを行うことでお互いにコミュニケーションを取っています。クラスメイトの毎日の気持ちや状態を知ることができ、クラスの様子が改善しています。

■事例紹介:距離を超えて学び合う、長野県伊那市の学校をつなぐ遠隔授業


長野県伊那市立高遠中学校の足助武彦教諭に登壇していただき、文部科学省柴山大臣の計画にも含まれている遠隔授業について話していただきました。伊那市では、遠隔授業が盛んで、schoolTaktを使った協同学習によって、山間・小規模校での指導力が向上した内容について、会場から非常に高い関心の声が寄せられました。一緒に合同授業に取り組むことで、学びの幅が拡がっています。

■事例紹介:学校全体でICTを活用する取り組み ~先生みんながICTを活かして~


埼玉県さいたま市立大宮北高等学校筒井賢司教諭には、自校のICTの取り組みからさいたま市の4高校ネットワークについて話していただきました。初めは校務の効率化からICTを導入していき、最終的にはschoolTaktを導入することで、ICTとアクティブラーニングの融合を具体化した事例を発表していただきました。

=============================================

<概要>

イベント名:第1回schoolTaktファンミーティング
日時:2019年5月25日(土)
場所:大手町プレイスウエストタワー (東京都千代田区大手町2-3-1)

<今後のイベントについて>

■【ブース出展】New Education Expo 2019(NEE):東京会場
日時:2019年6月6日(木)~ 8日(土)
場所:東京ファッションタウンビル(TFT)
詳しくはhttp://edu-expo.org/

■【ブース出展】New Education Expo 2019(NEE):大阪会場
日時:2019年6月14日(金)~ 15日(土)
場所:大阪マーチャンダイズ・マート(OMM)
詳しくはhttp://edu-expo.org/

■【ブース出展・ワークショップ予定】教育ITソリューションEXPO(EDIX)
日時:2019年6月19日(水)~ 21日(金)
場所:東京ビッグサイト 青海展示棟
ブース番号:B9-30
詳しくはhttps://www.edict.jp/ja-jp.html

◆授業支援システム schoolTakt(スクールタクト)について

schoolTaktは、iPad、タブレット、ノートPCなど、機種・OSを問わずに利用できる授業支援システムです。生徒の学習状況をリアルタイムに把握し、生徒同士の解答を共有することで、「みんなで学び合う」学習環境をカンタンに構築できるため、協働学習の実践や、アクティブラーニングの導入に最適です。
また、クラウド上に用意されている5,000以上の教材を使えるほか、お手持ちのPDF の教材・写真をアップロードすることで、視覚支援教材やドリルなども作成できます。そのため、これまでの先生の授業スタイルを変えることなく、スムーズにICT授業を開始できます。
Webブラウザがあれば利用できるので、ソフトウェアのインストールやメンテナンスの手間がなく、生徒全員で同機種を揃える必要もありません。
schoolTaktは、「先生が教えやすく、生徒が楽しく学べる」環境づくりをお手伝いします。
・2016年、第13回日本e-Learning大賞 EdTech特別部門賞受賞。2017年、第29回「中小企業優秀新技術・新製品賞」ソフトウェア部門奨励賞受賞。
・総務省先導的教育システム実証事業に採択。累計30,000人以上のユーザーが利用。

◆株式会社コードタクトについて

社名 :株式会社コードタクト 
所在地 :〒151-0044 東京都渋谷区円山町28−4 大場ビルA館2階b室
代表者 :代表取締役 後藤正樹
設立  :2015年1月
事業 :IT、教育、音楽に関わるソフトウェア開発、イベント企画
URL :http://codetakt.com/

【イベント】第10回 教育ITソリューションEXPO(EDIX)に出展いたします

2019年6月19日(水)〜21日(金)に開催されます第10回 教育ITソリューションEXPO(EDIX)に出展いたします。第10回 教育ITソリューションEXPO(EDIX)は、教育関係者向けのセミナー&展示会のイベントです。基調講演、特別講演をはじめ、たくさんのセミナー、出展ブースなど出展する中、今回初めてschoolTaktのブースを出展いたします。ブースでは様々なschoolTaktの機能をご体験いただくために、事例紹介や実際の使い方をご紹介するワークショップも実施いたします。その他、小学校プログラミング教育の第一人者として知られICT教育導入を推進されていらっしゃった小金井市立前原小学校・前校長で、現在合同会社MAZDA Incredible Lab代表の松田孝氏によるセミナーも予定しております。様々な体験ができますので、ぜひ皆さま、お越しくださいませ。

このような先生方におすすめ

■schoolTakt活用方法を知りたい!
■主体的・対話的・深い学びをスクールタクトを使って体験したい!
■アナログとデジタルとを併用して効率的、効果的に授業を体験したい!

イベントに参加すると

■授業支援システムについて知ることができる。
■教育の専門家から最新の情報をレクチャーしてもらえる。
■schoolTaktの活用方法を詳しく学べる。

イベント詳細 

日程 2019年6月19日(水)〜21(金)
時間 10:00~18:00(最終日のみ17:00終了)
場所 青海展示棟
住所 東京都江東区青海1-2-33ほか
アクセス りんかい線 東京テレポート駅(下車徒歩約2分)/ゆりかもめ 青海駅(下車徒歩約4分)
料金 招待券の事前発行が必要(無料)
※招待券をお持ちでない場合、入場料5,000円/人が必要です。
対象 学校・教育関係者
ブース番号 B9-30
公式サイト https://www.edix-expo.jp/ja-jp.html

【イベント】New Education Expo 2019に出展いたします

2019年6月6日(木)〜8日(土)東京、2019年6月14日(金)・15日(土)大阪で、New Education Expo 2019(NEE)に出展いたします。 New Education Expoは、教育関係者向けのセミナー&展示会のイベント。基調講演、特別講演をはじめ、たくさんのセミナー、出展ブースなど出展する中、今回初めてschoolTaktのブースを出展いたします。様々な体験をできますので、ぜひ皆さま、お越しくださいませ。

このような先生方におすすめ

■schoolTakt活用方法を知りたい!
■主体的・対話的・深い学びをスクールタクトを使って体験したい!
■アナログとデジタルとを併用して効率的、効果的に授業を体験したい!

イベントに参加すると

■授業支援システムについて知ることができる。
■最新の情報をレクチャーしてもらえる。
■schoolTaktの活用方法を詳しく学べる。

東京会場イベント詳細

日程 2019年6月6日(木)~8日(土)
時間 受付開始 9:30~
展示 9:30~18:00
場所 東京ファッションタウンビル(TFT)
住所 東京都江東区有明3-4-10
アクセス りんかい線 国際展示場駅(下車徒歩約5分)/ゆりかもめ 東京ビッグサイト駅(下車徒歩約1分)
料金 無料
対象 学校・教育関係者
お申し込み 下記のサイトよりお申し込みください※申し込み締め切り2019年6月3日(月)18:00予定
http://edu-expo.org/

大阪会場イベント詳細

日程 2019年6月14日(金)・15日(土)
時間 受付開始 9:30~
展示 9:30~18:00
場所 大阪マーチャンダイズ・マート(OMM)
住所 大阪府大阪市中央区大手前1-7-31
アクセス 地下鉄谷町線・京阪電車 天満橋駅(下車 北出口1、東出口 大阪マーチャンダイズ・マートB2Fに連絡)
料金 無料
対象 学校・教育関係者
お申し込み 下記のサイトよりお申し込みください※申し込み締め切り2019年6月11日(火)18:00予定
http://edu-expo.org/

【イベント開催】スクールタクトオンラインセミナー開催!

【無料】もっと知りたい、活用したい!schoolTaktの疑問解消セミナーをオンラインで開催いたします。

本セミナーでは…

・改めてschoolTaktって何ができるの?
・他の授業支援システムと何が違うの?
・導入したけどよくわからない・・・
・遠隔地授業などができるって聞いたけど、どうやるの?
・どのような学校の事例があるの?

など、よくお問合せ頂くschoolTaktに対する疑問を解消。
改めて「schoolTakt」のご説明から活用術までを紹介させていただきます。

この機会に是非ご参加下さい!

◆こんな方にオススメ!
・schoolTaktを学校に導入したが、使い方がよくわかっていない
・タブレット導入の検討を考えており、授業支援システムでどんなことができるかか知りたい

【参加者の方に準備して欲しい物】
◯ネットに繋がる端末1台(2台あれば、なお可) 
※1台はTV会議用、1台はスクールタクト操作用の使用を想定しています。
◯無料TV会議システム zoom
→インストールの仕方の詳細は申し込み後のメールで
ご案内させていただきます。事前アカウント作成は不要です。

【日時・お申込みURL】
下記希望の日時のURLから申し込みください。 申込み後、登録メールアドレスに招待メールが届きます。
◆5/15(水)17:00〜18:00
基本操作講座+新授業登録フロー
https://zoom.us/meeting/register/399bc87c1decbfd766858a512be5123a
◆5/29(水)17:00〜18:00
基本操作講座+新授業登録フロー
https://zoom.us/meeting/register/399c4bf81439910e34538d7d4481ef37
◆6/12(水)17:00〜18:00
基本操作講座+新授業登録フロー
https://zoom.us/meeting/register/0579bb31f36aeb1034538d7d4481ef37

ご不明点等ございましたら、
schoolTaktお問合せフォームよりご連絡ください。

お問い合わせ

(参考URL)
schoolTakt:https://schooltakt.com/
zoom:https://zoom.us/jp-jp/meetings.html

ゴールデンウィーク期間中の営業に関するお知らせ

平素より schoolTakt をご利用いただき誠にありがとうございます。
誠に勝手ながら、ゴールデンウィーク中は、下記の期間を休業とさせていただきます。

日程: 2019 年 4 月 27 日(土)~ 2019 年 5 月 6 日(月)

この間もサービスはご利用いただけますが、頂戴しましたお問い合わせ等につきましては、2019 年 5 月 7 日(火) 9時 以降順次対応させていただきます。
ご迷惑をおかけしますが何卒ご了承いただけますようお願い申し上げます。

【イベント】第1回schoolTaktファンミーティングを開催します

2019年5月25日に、schoolTaktファンミーティングを開催いたします。 schoolTaktをご利用いただいております先生方、 schoolTaktにご関心を持っていただいております先生方を対象に、導入校の事例発表によるschoolTakt活用方法のご紹介し、ワークショップを通して未来の教育や授業について知見を深めていただく場にできればと考えております。是非、ご参加ください!!

このような先生方におすすめ

■schoolTakt活用方法を知りたい!
■未来の教育について、ディスカッションをしたい!
■主体的・対話的・深い学びをスクールタクトを使って体験したい!
■アナログとデジタルとを併用して効率的、効果的に授業を体験したい!
■Classiを導入されていて連携サービスを体験してみたい!

イベントに参加すると

■他校のschoolTakt活用事例を知ることができる。
■他校の先生と繋がることができる。
■教育の専門家から最新の情報をレクチャーしてもらえる。

イベント詳細

日程 2019年5月25日(土)
時間 受付開始 14:30
ファンミーティング 15:00〜18:00
懇親会 18:00~18:30(参加自由)
※終了時間が前後する可能性がございます。あらかじめご了承くださいませ。
場所 大手町プレイスウエストタワー
住所 東京都千代田区大手町2-3-1
定員 30名
料金 無料
対象 schoolTaktを活用していただいている先生
schoolTaktに関心のある教職員・教育委員会関係者
内容 ■schoolTakt導入校による事例発表(各25分程度)
朝の会でのスクールタクト活用 ~クラスに生まれるコミュニケーションの新しいカタチ~
蓑手 章吾 教諭 小金井市立前原小学校

学校をつなぐ遠隔授業 ~距離を超えて一緒に学び合う~
足助 武彦 教諭 伊那市立高遠中学校

学校全体でICTを活用する取り組み ~先生みんながICTを活かして~
筒井 賢司 教諭 さいたま市立大宮北高等学校

■ワークショップ
東北学院大学・稲垣 忠教授 著 『教育の方法と技術:主体的・対話的で深い学びをつくるインストラクショナルデザイン』を読んでABD読書会の実施
ABD読書会は、1冊の本を分担して読んでまとめる、発表・共有化する、気づきを深める対話をするというプロセスを通して、著者の伝えようとすることを深く理解でき、能動的な気づきや学びが得られる読書法です。

登壇者情報
■稲垣 忠 東北学院大学 文学部 教授
ネットワーク社会と言われる現代では、コミュニケーションの在り様が大きく変容しています。教育の分野でも先生が教え、児童・生徒が受け取る一方向の「コミュニケーション」のイメージでは捉えきれない、さまざまな学習形態があります。 ネットワーク技術や、社会そのものがネットワーク構造を取り込んだものへと変容していく中で、教育の方法、学びの場、学校という制度、さらには知識そのものはどう変わりつつあるのかを見ていきたい、というのが研究関心です。具体的には小~高のさまざまな学校現場にかかわりながら、情報教育、教育の情報化、インストラクショナル・デザインなどを切り口に研究を展開しています。
書籍情報
■教育の方法と技術:主体的・対話的で深い学びをつくるインストラクショナルデザイン
編著:稲垣 忠
出版社:北大路書房
詳細:Amazonにリンクします
持ち物 名刺(受付の際1枚ご提出いただきます)
iPad等のタブレット端末もしくはPC
※書籍の持参は不要です
お申し込み 下記のフォームよりお申し込みください

【重要なお知らせ】年度更新作業のお願い

いつも弊社サービスをご利用いただき、ありがとうございます。
年度末・年度始めに必要な年度更新作業についてご対応をお願いいたします。
アカウントを共有(例えば、どの生徒でもs001というアカウントで利用させているなど)
していない場合は、必ずご対応ください。

まなびポケット経由でschoolTaktをご利用の方、ClassiNOTEでシングルサインオンでご利用の方は、
年度更新処理はまなびポケットやClassiで行えば自動的に反映されます。詳しくはこちらをご覧ください。

①卒業学年のユーザ情報の退避 (卒業処理)

卒業生のユーザ情報は、「卒業生」としてアカウントのアーカイブをします。
※アーカイブとは児童生徒の学習ログを残しつつ、児童生徒の使用を停止することです。
アーカイブをすると、以下のような状態になります。

・児童生徒はログインできないが、先生はその児童生徒の学習ログを閲覧できます。
・アーカイブされているアカウント分の利用料金は発生しません。
・児童生徒のデータは残っているので、アーカイブ解除をすると通常のアカウントに戻ります。
・アーカイブされているアカウントと同じユーザーIDのアカウントは作成できません。

アーカイブの方法

マニュアル>schoolTaktを使い始めよう>アカウント管理>アカウントの一括更新
マニュアル>schoolTaktを使い始めよう>アカウント管理>アカウントの個別アーカイブ

②進級学年のユーザ情報の変更(進級処理)

進級時にはに、ユーザ情報の変更(進級時処理)を行います。
一括追加・更新を行っても、先生画面から見れる過去の授業に特に変化はありません。

一括更新の方法

マニュアル>schoolTaktを使い始めよう>アカウント管理>アカウントの一括更新

③入学学年のユーザ情報の登録(入学処理)

新入生のユーザ情報を登録します。
新入生のユーザ情報の登録は、名簿ファイルを使って一括登録可能です。

一括登録の方法

マニュアル>schoolTaktを使い始めよう>アカウント管理>アカウントの新規一括登録

先生アカウントの追加・アーカイブなど

先生のアカウントにつきましては、年度による更新がございませんので、一括登録・個別登録更新の機能を使って必要に応じてご対応ください。

一括登録の方法
マニュアル>schoolTaktを使い始めよう>アカウント管理>アカウントの新規一括登録

個別登録
マニュアル>schoolTaktを使い始めよう>アカウント管理>アカウントの個別登録

個別アーカイブ追加
マニュアル>schoolTaktを使い始めよう>アカウント管理>アカウントの個別アーカイブ

ご不明な点がございましたら、ログイン後のチャットより、もしくは schooltakt@codetakt.com までご連絡くださいませ。

【管理者へのお知らせ】他サービスとの連携をご利用の場合

いつも弊社サービスをご利用いただき、ありがとうございます。
まなびポケットや Classi などの他サービスとのID連携を使って schoolTakt/ClassiNOTE をご利用いただいている管理者の方に、年度更新やアカウント登録についてお知らせです。

まなびポケット経由で schoolTakt をご利用の方、ClassiNOTE でシングルサインオンでご利用の方は、
まなびポケットもしくは Classi で年度更新処理を行っていただければ、schoolTakt/ClassiNOTE の方にも児童生徒がログイン時に自動的に反映されます。
年度更新処理を行わない場合は、前年度のクラス情報は引き継がれず、クラスなしの状態になります。

継続してご利用いただくために、4月中に年度更新の処理をお忘れなくお願いいたします。

また Classi の個人情報ポリシー上、Classi に登録されている氏名は連携はされません。ClassiNOTE を ID 連携でご利用の管理者の方は、ClassiNOTE の管理者アカウントから児童生徒の姓名欄への登録をすることで、ClassiNOTE 上で名前を表示することが可能となります。
初期設定では、児童生徒の表示名は「出席番号」、先生の表示名は「先生」となっており、ClassiNOTE へ先生アカウントがログインすることで、担任及び副担任クラスの生徒アカウントが、ClassiNOTE 上に自動で作成されます。
詳しくはこちらをご覧ください。

何かご不明な点がございましたら、お気軽にご連絡くださいませ。

【イベント】子どもを取り巻く教育とICT〜2030年を見据えて〜を開催します

2019年3月30日に、ICTの活用方法がわかるセミナーを開催します。他校の事例を基にICTの活用方法をご紹介します。同時に、ご参加いただいた方同士の意見交換の場(ワークショップ)もご用意しております。イベントに参加して、これからの学校教育について考えてみませんか?

このような先生方におすすめ

■ICTを導入したが、上手く活用できていない・・・
■2019年度からICTを導入する予定だが、活用方法がわからない・・・
■ICTを上手く活用できている他校の事例を聞きたい・・・

イベントに参加すると

■他校のICTの具体的な活用事例を知ることができる
■ICT活用の本当の効果を知ることができる
■他校の先生との繋がることができる!

参加特典

今回ご参加いただいた方には全員、通常では2か月間お使い頂けるschoolTakt(スクールタクト)の無料体験アカウントの期限を延長し、6か月間使える状態で特別にプレゼントいたします。(2019年4月1日から9月30日までの6か月間)

イベント詳細

日程 2019年3月30日(土)
時間 15:00〜17:00
14:45受付開始
場所 株式会社コードタクト オフィス
住所 東京都渋谷区円山町28-4大場ビルA館2階b室
定員 6名
料金 無料
持ち物 パソコン/タブレット/スマートフォンのいずれか
お申し込み 下記のフォームよりお申し込みください

【一部仕様変更】学年入力形式変更のお知らせ

平素より schoolTakt/ClassiNOTE をご利用いただきありがとうございます。

schoolTakt/ClassiNOTE では、来年度以降の児童生徒の学年入力形式を、これまでの数字のみの登録から、
小1, 中1, 高1 などのより詳しい形式へと変更させていただくことにいたしました。
(一部の団体のみ対象)

変更の理由としては、正確な学年をご登録いただくことで、今後授業作成の際に児童生徒の登録を簡単にすることや、
学年に適した単元や課題をおすすめできるよう改修を行うことを予定しているためです。

年度更新などに伴い、3 月 15 日(金)以降、生徒の学年を一括登録/変更される際は、変更後の形式にて入力をお願いいたします。
年度更新について、詳しくはこちらをご覧ください。
※ 今年度で卒業する生徒をアーカイブする際の学年入力形式は、これまで通り数字のみの入力で問題ございません。

対象となる学校/団体

小学校・中学校・高校のうち2つ以上の種類の学校において、ご利用いただいている団体。
(例:小中一貫校、中高一貫校、教育委員会など)
※ 小学校、中学校、高校それぞれ 1 種類の学校でご利用いただいている場合は、今回の変更の対象外となり、
これまで通り数字のみの入力で問題ございません。
(入力可能な数字…小学校:1-6、中学校:1-3、高校:1-3)

変更後の入力方式

学年欄:小1, 小2, 小3, 小4, 小5, 小6, 中1, 中2, 中3, 高1, 高2, 高3 のように、「小・中・高 いずれか + 数字
※ 数字入力は半角でも全角でも、登録時に半角に変換されます。

お手数をおかけしてしまいますが、何卒ご理解ご協力の程よろしくお願いいたします。
ご不明な点がございましたらお気軽にお問い合わせくださいませ。

本社移転のお知らせ

平素は格別のご高配を賜り厚く御礼申し上げます。
さて、この度来る2019年3月11日(月)より、本社を移転する運びとなりました。
これを機に社員一同、心を新たに業務に精励し、皆様のご期待にお応えする所存でございます。
今後とも、何卒一層のご支援を賜りますようお願い申し上げます。

お近くにお越しの際はぜひお立ち寄りくださいませ。

【新住所】〒150-0041 東京都渋谷区円山町28-4大場ビルA館2階b室
【電話番号】03-4571-0056 (特に変更はございません)
【交通アクセス】
・京王井の頭線「神泉駅」徒歩4分
・各線「渋谷駅」より徒歩10分
【業務開始日】2019年3月11日(月)

【本件に関するお問い合わせ先】
株式会社コードタクト 
TEL:03-4571-0056
お問い合わせフォーム https://schooltakt.com/contact/

【ニュースリリース】インターナショナルスクール「インフィニティ国際学院」で正式導入が決定しました

報道関係者各位

2019年3月6日
株式会社コードタクト

授業支援システムschoolTakt(スクールタクト)が、世界を学びながら旅をするインターナショナルスクール「インフィニティ国際学院」のオフィシャルサポーターに決定!
株式会社コードタクト(代表取締役・後藤正樹)の提供する授業支援システム「schoolTakt(スクールタクト)」が、インターナショナルスクール「インフィニティ国際学院」で正式導入が決定しました。

世界を旅しながら学び、世界の難関校などを目指す国際進路特化型インターナショナルスクール「インフィニティ国際学院」(株式会社 八戸学院グループ)が、2019年4月に開校いたします。そのグローバルに展開する授業運営のサポートとして、弊社の授業支援システムschoolTaktが選ばれました。また弊社代表後藤正樹が、世界へ飛び出す高校生をサポートするオフィシャルサポーターとして決定いたしました。

◆インフィニティ国際学院インフィニティ国際学院について
 株式会社八戸学院グループ運営の世界を旅しながら学び合い、世界の難関校などを目指す国際進路特化型インターナショナルスクールです。国際ジャーナリストや伝説の起業家たちなど専門家が、世界へ飛び出す高校生をサポートし、「世界を知り、日本を知り、自分と自分の未来を知る」をテーマに今までの日本の教育では実現できなかった、大きな動機付けと新しい学び方を提唱します。「社会に合わせた人生」から「自分にあった人生の発見」への学びが始まります。
URL:https://infinity-gakuin.org/

◆インフィニティ国際学院学院長 大谷真樹様よりメッセージ

教室を飛び出し、世界を旅しながら学ぶ日本初の新しいコンセプトの学校であるインフィニティ国際学院には、ふさわしい最先端の学習支援ツールが必要でした。今までの単なる資料の共有だけではなく、個人個人を導く教師はもちろん、同じく学び合うクラスメート同士も相互に立体的に対話、共創し合える環境が必要でした。オンライン対話を実現するZoomとの併用で、理想に近い環境を実現することが可能になりました。スクールタクトと私たちの挑戦は教室を再定義し、新しい教育の扉を開くことになるでしょう。


◆代表後藤正樹メッセージ

これまでの「一斉授業で学び、テストで評価される学校」から、これからは「協働で学び、振り返ることで自分の学びを自分で評価する学校」が必要と考えています。そして、私はそのような取り組みを支援するために「スクールタクト」というシステムを開発しています。
今まで協働で学ぶためには、同じ時間同じ場所にいなければいけませんでした。しかしICTの進歩により、世界中が非同期で協働することが出来ます。
まさにインフィニティ国際学院は、そのようなこれからの時代に必要な学びを実践する場であると期待しています。
そして学生の皆さんには、世界を学び場として身につけてくださることを願っております。
<プロフィール>
東京大学大学院総合文化研究科、洗足学園大学指揮研究所を卒業、現在、早稲田大学教育学研究科博士後期課程に在学中。独立行政法人情報処理推進機構より未踏スーパークリエータに認定、総務省PMOなどを経て、現在は、株式会社コードタクト代表取締役、株式会社スタディラボ取締役などを務める。
指揮者としては、琉球フィルハーモニックオーケストラ指揮者、那覇ジュニアオーケストラ指揮者、アレグレット交響楽団常任指揮者を務める。


◆授業支援システム schoolTakt(スクールタクト)について
 schoolTaktは、iPad、タブレット、ノートPCなど、機種・OSを問わずに利用できる授業支援システムです。生徒の学習状況をリアルタイムに把握し、生徒同士の解答を共有することで、「みんなで学び合う」学習環境をカンタンに構築できるため、協働学習の実践や、アクティブラーニングの導入に最適です。
 また、クラウド上に用意されている5,000以上の教材を使えるほか、お手持ちのPDFの教材・写真をアップロードすることで、視覚支援教材やドリルなども作成できます。そのため、これまでの先生の授業スタイルを変えることなく、スムーズにICT授業を開始できます。
 Webブラウザがあれば利用できるので、ソフトウェアのインストールやメンテナンスの手間がなく、生徒全員で同機種を揃える必要もありません。
 schoolTaktは、「先生が教えやすく、生徒が楽しく学べる」環境づくりをお手伝いします。

・2016年、第13回日本e-Learning大賞 EdTech特別部門賞受賞。2017年、第29回「中小企業優秀新技術・新製品賞」ソフトウェア部門奨励賞受賞。
・総務省先導的教育システム実証事業に採択。累計300校、30,000人以上のユーザーが利用。

URL:https://schooltakt.com/

◆株式会社コードタクトについて
社名 :株式会社コードタクト 
所在地 :〒151-0053 東京都渋谷区代々木2-20-19新宿東洋ビル501号室
代表者 :代表取締役 後藤正樹
設立  :2015年1月
事業 :IT、教育、音楽に関わるソフトウェア開発、イベント企画
URL :http://codetakt.com/

【本件に関するお問い合わせ先】
株式会社コードタクト 広報担当 田中(たなか)
〒151-0053 東京都渋谷区代々木2-20-19新宿東洋ビル501号室
TEL :03-4571-0056
お問い合わせフォーム https://schooltakt.com/contact/

【イベント・ブース出展】教育の情報化推進フォーラムでブース出展いたします

2019年3月7日(木)・8日(金)に開催される『2018年度教育の情報化推進フォーラム』内で、schoolTaktのブース出展をいたします。
今年のテーマは、「新学習指導要領全面実施に向けて」。新学習指導要領で目指す「主体的・対話的で深い学び」の実現に向けて、アクティブ・ラーニングなどで使えるスクールタクトの紹介をいたします。
ブースでは実際の事例を交えつつ、
・授業内で多く使われたキーワードを抽出し、ピックアップができる『ワードクラウド機能』
・生徒同士で誰が誰に対してコメントしたかを可視化し、生徒の反応やクラスの状況が把握できる『発言マップ機能』
などが体験できます!

ワードクラウド機能

発言マップ機能

イベント詳細
【日時】2019年3月7日(木)10:00(開場)~17:30/8日(金)10:00(開場)~16:30 
【住所】東京都渋谷区代々木神園町3-1 国立オリンピック記念青少年総合センター 国際交流棟
【アクセス】小田急線参宮橋駅より徒歩約7分
【参加料】無料
【申し込み】https://h30-japet-cec-forum.eventcloudmix.com/entry
【公式サイト】https://www.japet.or.jp/event/forumedu/
【主催】一般社団法人 日本教育情報化振興会(JAPET&CEC)

【イベント・ブース出展】大阪開催・私立公立高等学校IT活用セミナーでブース出展いたします

2019年3月2日(土)に開催される、『【第6回私立公立高等学校IT活用セミナー】<大阪開催>』で、schoolTaktのブースの出展をいたします。
ブース内では、
・授業内で多く使われたキーワードを抽出し、ピックアップができる『ワードクラウド機能』
・生徒同士で誰が誰に対してコメントしたかを可視化し、生徒の反応やクラスの状況が把握できる『発言マップ機能』
などが体験できます!

イベント詳細
【日時】2019年3月2日(土)10:00~16:45
【対象】私立公立高等学校教諭、全国都道府県・市町村教育委員会の情報教育担当者、ほか
【定員】80名(途中入場可)
【住所】大阪市東淀川区東中島1-19-4 CIVI研修センター 新大阪東 E5ホール
【アクセス】JR「新大阪」駅東口 徒歩1分
【参加料】無料
【申し込み】https://www.kknews.co.jp/mailform/form.php?form=5c46b6d4f2bc4
【公式サイト】https://www.kknews.co.jp/post_seminar/20190302

【主催】教育家庭新聞社

【講演内容】
1:グローバル探求コースでのタブレットPCを活用した協働学習、生徒1人1台のタブレットPCを活用した授業、家庭学習でのクラウドを活用による個別学習
2:ボトムアップでICT機器整備を広げる。その苦労の過程、困難や成果など。
3:iPadの利活用でサポートするキャリア教育、グローバル教育、教科教育、教員研修
4:ICTを活用したアクティブ・ラーニングの実施と評価
5:新学習指導要領を見据えて探究と教科横断型、英語4スキルを中心にしたアクティブラーニング形式の事例紹介 

【イベント】3月1日(金)に文科省・総務省「スマートスクールの成果報告会」でスクールタクトの事例発表が行われます

2019年3月1日(金)に総務省「スマートスクール・プラットフォーム実証事業」、文部科学省「次世代学校支援モデル構築事業」合同委員会(兼 成果報告会)の開催されます。福島県の新地町教育委員会における「スクールタクト」の学習ログと、児童生徒の学級満足度を測る「WEBQU」を連携して、学級経営を見える化する取り込みの発表が行わる予定ですので、皆さま是非ご参加ください。

イベント詳細
【タイトル】総務省「スマートスクール・プラットフォーム実証事業」評価委員会、文部科学省「次世代学校支援モデル構築事業」事業推進委員会 成果報告会
【日時】2019年3月1日(金)13:00~17:30
【場所】文部科学省第2講堂(旧文部省庁舎6階)
【住所】東京都千代田区霞が関3丁目2番2号
【アクセス】東京メトロ千代田線霞が関駅 A13番出口、銀座線虎ノ門駅 連絡口6番出口/新連絡口11番出口直結
【申し込み】 
傍聴をご希望の方は、平成31年2月26日(火)12時までに、以下に記載の傍聴登録アドレスまで事前申し込みをお願いします。申し込みの際には、以下の内容を明記し、Eメールの件名を「総務省『スマートスクール・プラットフォーム実証事業』、文部科学省『次世代学校支援モデル構築事業』の合同委員会 傍聴希望」としてください。
詳しくは、こちらを御覧くださいませ。

【内容】
議題(予定)
〈第1部〉13:00~15:15
総務省「スマートスクール・プラットフォーム実証事業」、文部科学省「次世代学校支援モデル構築事業」合同委員会(兼 成果報告会)
実証地域からの成果報告
データ活用モデルの整理について
スマートスクール・プラットフォームの標準化について
効果検証WGについて
〈第2部〉15:30~17:30
総務省「スマートスクール・プラットフォーム実証事業」評価委員会(兼 成果報告会)
実証地域からの成果報告
次世代学校ICT環境のガイドラインについて

【公式サイト】
http://www.soumu.go.jp/main_sosiki/joho_tsusin/kyouiku_joho-ka/02ryutsu05_04000161.html

【イベント・ワークショップ開催】(2019年3月5日現在:中止となりました)3月9日(土)にすららセミナーでスクールタクトの体験ができます

先日、『2020年以降に求められる学びを提供するためのICTツールと環境 学校への(再)導入&定着セミナー』(2019年3月9日開催)のご案内を差し上げましたが、諸事情により中止とさせて頂きます。
楽しみにしてくださっていた皆様には、ご迷惑をおかけして誠に申し訳ございません。
ご理解のほど、何卒よろしくお願い致します。

=================================

2019年3月9日に開催される、『2020年以降に求められる学びを提供するためのICTツールと環境 学校への(再)導入&定着セミナー』で、schoolTaktのワークショップ・ブースの出展をいたします。
ブースではスクールタクトを体験できる機会となっておりますので、皆さま是非ご参加ください。

イベント詳細
【日時】2019年3月9日(土)13:30~16:30 ※受付は13:10開始となります。
【場所】ちばセミナールーム
【住所】千葉県千葉市中央区弁天1-6-9 GPビル2階
【アクセス】JR千葉駅 北口より 徒歩3分

【ワークショップについて】
14:30〜15:15 schoolTaktワークショップ

詳しくはこちらのサイトを御覧くださいませ。